『ABCマウス.com』を幼稚園(6歳)と小学2年(8歳)の息子が使ってみて。現在2か月継続中。

6歳と8歳になる息子がいますが最近よく見ているのがディーライフ。衛星放送のBSで放送している子供向けのチャンネルになります(無料で見れます)。

そのディーライフのCMで流れていて知ったのが子供向け英語教材の『ABCマウス.com』です。最近、私自身が英語の勉強をしていることもあり、とても気になっていて今回実際に入会してみました。

料金は月々1000円。そして年間契約で50%OFFに。

公式サイトからパソコンで申し込みをしてみました。基本料金は月々1000円。使ってみるとわかりますが教材の質の高さとボリュームを多さを考えると、この価格はものすごいお得です。

さらに、申し込み中「年間契約で50%OFF」「半年契約で40%OFF」と1年間や6か月の長期契約することで一気に価格が500円ぐらいまで下がります。ほぼ半額です。

1年間子供がABCマウスを続けるか?と言われるとわからないですから、無理して長期契約するより1か月ごとで登録しよう。と考え、我が家では月額1000円のコースで申し込みをしました。

6歳の次男(年長さん)の喰いつきがすごい良い。

このABCマウスに子供たちがどう反応するのかが心配だったのですが、次男は「ABCマウスやりたい」と1日何回も聞いてくるぐらい利用しています。いままでいくつか英語のDVDや本を買ってきましたが、これまでにない反応でした。

この反応であれば、あと数か月は続けることができそうです。

逆に小学校2年になるお兄ちゃんのほうは、特に可もなく不可もなく、理由を聞いてみると「英語がそんなに好きじゃないから」ということでした。ただ次男がやっていると一緒に参加したがるので面白いことは面白いだと思います。

圧倒的なコンテンツ量。利用してみてわかったABCマウスの内容と私の評価。

ABCマウスを当初利用するうえで気になっていたのが「どれくらいのボリュームになってるんだろう?」「1週間もしたら全部教材を終えてしまうんじゃないかな?」という点。

ですが、実際はじめてみて「これは毎日しても3か月ぐらいじゃ終わらない」というボリュームになっていることがわかりました。しかもコンテンツは随時追加されているようです。

まずはABCマウスのメインページを紹介します。

メインページでは5つのコースが選択できます。

メインページには「マイレッスン」「地図」など5つのカテゴリーが。

おもなコンテンツ5つ
  1. マイレッスン「My lessen」
  2. クラスルーム「Class Room」
  3. マップ「Map」
  4. ベーシック「Basic」
  5. Things To do

このようにHOME画面から5つのコースが選択できるようになっています。メインコースは「マイレッスン」になりますが、別にここをやらなくてもいいぐらい他のコースも充実しています。

それでは各コースについて詳しく説明してみたいと思います。

内容その①「マイレッスン」

まずメインコースの「マイレッスン」。下の画像のように探検するような感じで楽しくレッスンをすすめることが出来ます。

子供が楽しくレッスンできる工夫が満載。

これはレベル1の画面です。他のブログを読むと日本版はレベル6まであるようです。

レベル1を13レッスンすすんだところで5%達成していますので、全部で200レッスンぐらいあるんでしょうか。レベル6まで考えると「マイレッスン」だけで1000レッスンぐらいあることになります。

1レッスンは数分で終わり子供が飽きないようとてもテンポのいい内容になっています。ほおっていると30分でも1時間でもやっているので、1日10分~20分ぐらいをイメージして家では遊ばせています。

クリックすると単語を発音してくれます。

上はレッスン7「color」の画像です。塗り絵のレッスンですね。色を選択するたびに「Who」とか「This」といったようにネイティブが英語で発音してくれますので、遊んでいるうちに自然と英語が覚えられるようになっています。

このマイレッスンだけでも十分なほどの内容になりますが、ABCマウスはまだまだコンテンツがあります。

内容その②クラスルーム

クラスルームでもさらにコンテンツが幾つか用意されています。

クラスルームでは「読書」や「歌」「ゲーム」などいろいろなコンテンツで遊ぶことができます。メインページでは5つのコースが用意されていましたが、その内の1つであるクラスルームの中にさらに7つのコンテンツがあることになります。

どれだけボリュームがあるかわかってもらえると思います。

クラスルームで選べるコンテンツは計7個。
  1. 「スピークイングリッシュ」
  2. 「ベーシック」
  3. 「ゲーム」
  4. 「ミュージック&ソング」
  5. 「パズル」
  6. 「ライブラリー」
  7. 「アート&カラー」

全部紹介すると内容がおおすぎますので、ここではまずその内の1つ「スピークイングリッシュ」を紹介します。

スピークイングリッシュ

スピークイングリッシュの画面

スピークイングリッシュでは動画みたりフラッシュを使ってレッスンが進みます。例えば先生が「バッグはどれですか?」と質問してきたら、子供達は画面上にあるバッグやシャツ、帽子などから答えを探してクリックすることになります。

正解だと「Good job」とか「awesome」と褒められ、間違えれば「Try agein」と言われます。正解するまで何回でも選択(クリック)することができますし、バッグをクリックすれば「bag」、シャツをクリックすれば「shirt」とクリックする度に毎回発音してくれます。

なのでレッスン中は常になんらかの単語が発音がされていることになり反復練習がすごいです。

ポイント!
どのレッスンも繰り返しによる反復練習がすごいので、自然と覚えられるようになっています。

内容その③「マップ」

コンテンツの1つ「マップ」の画面です。

マップでは「農場」「動物園」「ショッピング」「ペットパーク」などで遊ぶことができます。

例えば「ショッピング」では貯めたチケットで家具やおもちゃを買うことができます。買ったものは自分の部屋「マイルーム」にかざることができます。このショッピングで使うチケットですが、各レッスンを1つ終えると1~5チケットもらえるようになっています。

内容その④「ベーシック」その⑤「Things todo」

あまりにも内容が多いので簡単に説明しますが、④「ベーシック」ではスピーキングとリーディングのレッスンを受けることができます。⑤「Things todo」では農場体験やゲームなどだいたい他のコンテンツにあるものが重複して置いてあります。

かんたんに説明しましたが、このベーシックだけでも1週間~2週間は使ってしまいそうなほどのレッスン数があります。

各コンテンツには100個ぐらいのレッスンがあります。

いろいろなコンテンツがあることを説明してきましたが、それぞれ100個ぐらいのレッスンが表示されて好きなものを選べるようになっています。「パズル」や「ゲーム」など他のコンテンツでも、やはり同じように数多くのレッスンを受けることができます。

1つ1つのレッスンですが、非常によくできていて「パズル」や「ゲーム」のレッスンでも基本的な単語や英会話がこれでもかというぐらい呪文のように流れてきます。

子供たちからすると、勉強しているというよりも遊んでいるうちに、自然と言葉が身につく。ような作りこみになっています。

 1週間試してみた親の感想。

まだ1週間ほどしかたっていませんが、実際に小2と年中さんになる息子に遊んでもらった感想をまとめてみたいと思います。

①内容がとても良くできている。

「clean」をクリックすればネイティブが一緒に「クリーン」と発音。

個人的にすごく評価したいのが、各コンテンツの内容です。「ネイティブが選ぶ子ども向け英語学習教材」とされていますが、本当にそう思える中身になっています。

まず基本的にすべてのレッスンは動画だったり、フラッシュといってCGというかアニメのような感覚で作られています。なので子供でも一目みてわかるようになっていますし、アメリカの生活がそのまま入ってくるようなネイティブ感覚で英語を勉強できる点がすごいと思いました。

あと、「発音の繰り返し」がすごいこと。例えば上の画像で「am」とか「who」を子供が選んでクリックしたとします、すると同時に「アム」「フー」とネイティブの発音で一緒に会話してくれます。

すべてのレッスンが同様に出来ているのも素晴らしいです。塗り絵だったら「パープル」「ホワイト」といったように色を選ぶだけに発音してくれますし、ゲームでも「awesome(オウサム)」「good job(グッジョブ)!」と言ってくれます。

レッスン中はとにかくなにかしらの英語が流れているような状況で、この繰り返し発音が「自然に英語を取り入れる」のに最適だと思いました。

②料金は本当にお得。ボリュームが多くコスパが高い。

ABCマウスは予想に反してほんとうに内容が多く、すべてのコンテンツを見るだけでも数か月かかってしまうと思います。おそらく全てのコンテンツを合わせたレッスン数は1000はあると思います。

いままでDVDや本などいくつか英語に接する機会を作ってきましたが、子供の喰いつきも内容もこちらのほうがいいです。これで月額1000円であればかなりお得だと思います。親として子供がABCマウスで遊んでいるのを後ろで見ていますが、自分自身の勉強にもなっています。大人が英語を勉強するとしても教材としても十分な内容です。

③タブレットやタッチパッド式のノートパソコンがおすすめ。

まだ利用して1週間ほどですが、先日スーパーに買い物に出ている間もずっと2人でABCマウスをしていました。英語を勉強しているというよりも、スマホゲームをしているという感覚で楽しんでいます。

通常のデスクトップパソコンでも楽しめますが、できればIpadのようなタブレッドや、タッチパッド式のパソコンがいいと思います。上の写真のノートパソコンはタッチパッド式のもので画面をクリックできるのですが、子供たちはマウスはほとんど使わずパソコンに直接タッチして楽しんでいます。

④子供むけの英語勉強としては今現時点で最適な教材。

子供向けの英語教材としてDVDや本などあらゆるものが出ていますが、今現時点ではABCマウスが一番良いと思います。

英会話教室やキッズDUOのような、「実際に人としゃべりながらレッスンする」ものはまた別だと思いますが、家のなかで英語の勉強をして欲しい。ということであればABCマウスをおすすめします。

このABCマウス。子供が遊んでいる後ろで見ていますが大人でも「こんな使い方があるんだ」と勉強になることがしばしばあります。「awesome(すごい!)」なんてあまり日本では聞きなれない英語ですが、ABCマウスでは良く出てくるのでいつのまにか単語を覚えてしまいました。

子どもにABCマウスをさせる一方で、大人むけのオンライン学習として、いま私自身が熱中しているのがリクルートが提供してくれている「スタディアプリEnglish」です。

こちらもABCマウス同様に、英語や英会話の勉強として内容がとてもすぐれているので紹介したいと思います。

始めたらこそわかった『スタディサプリEnglish』が日本人の英語勉強に最適な理由とその評価。

【追記】利用から2ヶ月をすぎて

ABCマウスを開始してから2ヶ月ちょっと経ちましたが、あいかわらず次男のほうはほぼ毎日「ABCマウスをしたい」と食いつきがよいままです(ただTVやyoutubeも見たりしてるので我が家では毎日させてません)。

おもにメインコースである「マイレッスン」と「ゲーム」が楽しいらしく、この2つのコースをしていることが多いです。レッスンでチケットが貯まるとお買い物をして自分の部屋のインテリアを増やしていたりもします。

2か月でまだレベル2の最初の方。

2ヶ月たってもまだマイレッスンはレベル2の最初のほうです。レベル6まであるのでこのままだと1年ぐらいたってもまだ全部のコンテンツを終えることはなさそうです。本当にボリュームが多いので毎日30分ぐらいABCマウスをさせても、半年はかるく持ちます。

英語を覚えさせたい親としては「英語でしゃべったらすぐに反復してね」と言っているのですが、反復するのは3回に1回ぐらいで、この点は子供たちに浸透させるのに困っています。が、不満な点はこれぐらいです。

子ども達もたのしく使っているので、このまましばらく継続するつもりです。

大人も勉強になる。

次男がABCマウスをしているときに後ろから覗いていることがありますが、発音が良すぎてマイレッスンの内容(レベル2)がすでにわかりません。子ども向け教材となっていますが、英語を勉強したい大人が使っても十分に活用できる教材だと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「ネイティブレベルの英語を身にとけたい」と無謀にも40歳だった2017年11月から英語の勉強を始めました。この時点での英語レベルは「英検3級レベル」。英語の勉強もふまえて調べたことや気になったことをまとめてブログにまとめています。当ブログの内容への質問などがあればコメントをお待ちしています。