【英語本】発音をマスターするために買った「英語の発音が正しくなる本」

過去2年間ほど中国語の勉強もしていた時期がありましたが、発音について上手くなりたいのであれば、個人的に1番大切な部分は「口と舌の形」だと思っています。中国語も英語も日本語とはまったく違う口と舌の形をするからです。

「正しく発音するため」にはこの口の形と舌の形を、覚えなくてはいけないのですが日本語に慣れた日本人の場合、それがとても難しいです。そこで英語の発音をマスターするために発音の本を買ってみました。

【英語本】『英語の発音が正しくなる本』

今回買ってきたのは「DVD&CDでマスター 英語の発音が正しくなる本」という本です。英語の発音の本は多くありますが本屋でかなり時間をかけて選んできました。

「英語の発音が正しくなる本」P30

ポイント1.英語口について詳しく解説している。

この本を選んだ理由の1つは英語口についての記載がしっかり詳しく解説されていることです。ここがわかりづらいとどのような口をしたらいいのかわからず結局発音ができないからです。

この本の場合、母音と子音ごとに写真とイラストで口の形を説明してくれていて、とてもわかりやすく作られています。他の本だと文章だけで説明しているものもあり、おそらく私がみた発音の本のなかでは1番詳しく書かれているのがこの本でした。

ポイント2.調べやすいこと。

2つ目の理由としては、母音・子音ごとの説明を詳しく解説しつつもコンパクトにまとめてあって、とても調べやすいという点です。

実際に本を使う場面を想定すると、ちょっと難しい単語であれば単語ごとにいくつも発音を調べることになります。「a:」とか「ei」の発音を毎回毎回、本を引いて辞書のように使うことになるので調べやすさというのはけっこう重要なポイントになります。

何回も調べることを考えたとき、この本はとてもわかりやすく(調べやすく)作られています。

より詳しい本の解説

この本は「入門編」と「基礎編」の2部にわかれています。

入門編(前半)

母音・子音の発音方法がコンパクトにまとめられています。私の場合、この入門編をメインに使っていて、英語口を調べるときも入門編のものを使っています。

少し前に本の画像を紹介していますが、これは入門編のページになっています。

基礎編(後半)

前半と同じく母音・子音の発音方法が繰り返し1から紹介されているのですが、しっかりと発音練習できるように英単語が各母音・子音ごとに20個ぐらい紹介されています。ほかにも似たような発音の単語がのっています。

大体ページの3割ぐらいは前半にあてられ、残りのページは後半部分にあてられています。

私の場合は、英単語の発音がわからない場合に「どういう英語口をするのか」調べたい、またGoogle翻訳で単語の発音を聞いても「どうしても発音がうまく出来ない」ときのためにこの本を買いましたので、入門編(前半)を辞書がわりに使うような感じで使いました。

DVDとCDがついてきます。

入門編にはDVD、基礎編にはCDが付録としてついてきます。私は使ったことがないのですが発音の練習をしたい人はDVDやCDを使ってみるといいと思います。

発音の本はこれで十分

「英語口をイラストで詳しく解説している」「調べやすい」という2点のポイントを押さえている本は、私が調べた本のなかではこの本だけでした。

実際、使ってみてとても使いやすかったので発音に関してはこの本で十分かなと思っています。

本当は調べたいときによりサッと発音方法を確認できるスマホアプリなどで該当するものを見つけたかったのですが、これが見つかりませんでした。

スマホであれば本を持ち歩く必要もないので、また機会があれば調べてみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「ネイティブレベルの英語を身にとけたい」と無謀にも40歳だった2017年11月から英語の勉強を始めました。この時点での英語レベルは「英検3級レベル」。英語の勉強もふまえて調べたことや気になったことをまとめてブログにまとめています。当ブログの内容への質問などがあればコメントをお待ちしています。