日本とは少し違うアメリカの義務教育制度「K-12」を知っていますか?

アメリカの口コミサイトを見ていたときに気になったのが「※-12」というフレーズ。これを調べたところアメリカの義務教育制度のことを意味するものだと知りました。そこで今日はアメリカの教育制度「※-12」について紹介したいと思います。

アメリカの教育制度「kー12」とは?

日本にも義務教育があります。私であれば夫婦で子供たちの学校の将来について話しているときに「義務教育が~」と話すこともあります。日本人であれば”義務教育”と聞けば、それは小学校6年間と中学校3年間の9年をさすことは誰でもわかります。

そしてアメリカの「kー12」も似たような言葉になります。ただ日本と違い、アメリカの義務教育制度は幼稚園から高校までになります。この期間が12年あるので「kー12」と言われています。

高校は4年間、小学校は5年間が基本のアメリカ

アメリカの義務教育制度

日本では小学校6年、中学校3年、高校3年ときっちり決まっていますが、アメリカは違います。

まず小学校は基本5年間になります。中学校は2年間、そして高校は4年間が基本です。合計11年になっていますが、ここに幼稚園の1年間を足して12年となります。

中学校は基本2年だけど、3年のところもある。

そして日本人にとってアメリカの教育制度がわかりづらいのは、各州によって若干の違いがあることです。

例えば中学校。アメリカの中学校は基本2年制で”middle school(ミドルスクール)”と呼ばれます。しかし3年制のところもあり、これを”junior high school(ジュニアハイスクール)”と呼びます。この点がものすごく不思議だったので、さらに調べてみました。

アメリカでは日本のようにジュニアハイスクールとは言わずに「ジュニアハイ(junior high)」と呼ぶのが一般的です。

アメリカの中学校、ミドルスクールとジュニアハイスクールはどう違うのか?

まず思ったのは、中学校によって在学年次が2年だったり3年だったりすると「これらの学校が隣だったらどうなるんだろう?」ということです。

小学校を5年で卒業してミドルスクールに行くのが普通だけど、ジュニアハイに進む子は6年で卒業するのか?という疑問も出てきます。

そこでミドルスクールとジュニアハイの学校は共存しているのか?という点を調べてみました。

ロスアンゼルスではほぼミドルスクールのみ。

googlマップでロサンゼルスを出して「ミドルスクール」を検索するとたくさんの中学校が出てきます。そして次に「ジュニアハイスクール」と検索するとやはりたくさんの中学校がでてくるのですが、よく見るとそれは9割以上がミドルスクールでした。

あることはあるようですがロサンゼルスにおいては、ほぼミドルスクールしかないことがわかりました。

シカゴではミドルスクールとジュニアハイスクールが半分半分

そして地域をずらしてシカゴで調べたところ、ミドルスクールとジュニアハイスクールはほぼ同等の数でてきました。しかも、シカゴの各地域でまんべんなく点在しています。どこかの地域に偏っているということもありません。

2年制の学校と3年制の中学校が、同じ地域にいくつもあってどうやっているんだろう?という疑問が出てきますが、現状の英語力ではこれ以上調べることができませんでした。

これは今後、オンライン英会話を始めたときに質問して、また追加して書きたいと思います。

学年を伝えるときは「I am in the 7th grades」とグレードで説明。

日本人なら学年を表記するときは「中学校1年」と伝えれば意味が伝わります。アメリカにも日本における中学(middle school)がありますが、学年を伝えるときこれらのフレーズを使いません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「ネイティブレベルの英語を身にとけたい」と無謀にも40歳だった2017年11月から英語の勉強を始めました。この時点での英語レベルは「英検3級レベル」。英語の勉強もふまえて調べたことや気になったことをまとめてブログにまとめています。当ブログの内容への質問などがあればコメントをお待ちしています。