【1番安いプラン】オンライン英会話の料金比較。実際にはじめてみました。

英語の勉強を始めて数ヶ月がたちました。この間、ほとんどがブログで記事を書くための情報収集ばかりしていましたのでリーディングと少しばかりライティングの勉強をしていました。スピーキングやヒアリングの勉強については必要がないためか、まったく手をつけていませんでした。

ただ、いろいろ調べていくうちに自分では英語で調べきれない部分が多くネイティブのアメリカ人に質問したいとことが積もってきましたので、オンライン英会話を始めようかと思っています。

そこでオンライン英会話について、どこがオススメなのか、どこが安いのか調べてみたので、それを紹介してみたいと思います。

オンライン英会話の料金

ここでは比較的有名だと思えるオンライン英会話の1番安いコースをピックアップして比較してみました。

1番安いコース レッスン時間 先生
レアジョブ 4200円 8回 フィリピン
ビズメイツ 12000円 毎日 フィリピン
ネイティブキャンプ 5500円 無制限 フィリピン・ヨーロッパ
EFイングリッシュ 7900円 8回、30回(グループ) 英語圏ネイティブ
 Kimini  5480円 毎日 フィリピン
Langrich  6000円 毎日 フィリピン
 DMM  5500円 毎日 フィリピン・ヨーロッパ

 

調べてみた感想

料金の比較

各オンライン英会話の料金と講師陣をかんたんに調べてみましたが、調べた感想としては、料金だけの点ではビズメイツが高く、その他のオンライン英会話はよこならびの印象を持ちました。

単純な安さではレアジョブの4200円が1番安い会社になりますが、ここは月に8回だけです。次にネイティブキャンプが5500円(無制限)、kiminiの5480円(毎日1回)が安いプランになります。

ネット上ではネイティブキャンプをおすすめしているところが多く、無制限(1日に何回でも可能)のプランが勉強している人にとっては人気になっているようです。気分が向いたときに1時間~2時間とまとめて時間をとって、オンライン英会話をする人が多いのかもしれません。

講師陣の比較

講師陣に関しては、ほとんどのオンライン英会話ではフィリピン人の講師がメインとなっています。今回の調査ではアメリカやオーストラリアなどの講師がいるとしても、その割合がとても少ないところは省いています。

フィリピン人講師以外の先生と話たい場合は、DMM英会話、ネイティブキャンプ、EFイングリッシュの3社にしぼられます。

EFイングリッシュが唯一、ネイティブ圏(アメリカ・オーストラリア・イギリス・ニュージーランド)の講師が多い印象です。他のオンライン英会話の場合、ほぼ9割がフィリピンの方、もしくはヨーロッパの方となりアメリカ圏の人と話したい場合は、EFイングリッシュを選択したほうが良いように思えました。

まとめ

各種サービスや予約の取りやすさなど実際に始めてみないとわからない部分が多いと思いますので、細かい部分については今後オンライン英会話を始めてみてレビューしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「ネイティブレベルの英語を身にとけたい」と無謀にも40歳だった2017年11月から英語の勉強を始めました。この時点での英語レベルは「英検3級レベル」。英語の勉強もふまえて調べたことや気になったことをまとめてブログにまとめています。当ブログの内容への質問などがあればコメントをお待ちしています。