Googleを使えば誰でも実践できる。英検3級~2級レベルの人におすすめな英語勉強法【ライティング&リーディング】

私はこのブログの記事を書くにあたって、何かわからないことがあった時、日本版のGoogleではなくてアメリカ版のGoogleを使って調べることが多いです。

日本版Googleであれば日本語がわかりますのでスラスラ調べることが出来ますが、アメリカ版だと英語なのでそうはいきません。Google翻訳を片手に1つ1つ手探りで調べている状態です。

実際に何記事が書いてみて、アメリカ版Googleを使って記事を書くことがライティングやリーディングなど英語の勉強にもの凄くつながってくることがわかりました。そこで今回はこの勉強法について紹介してみたいと思います。

アメリカ版Googleを使った英語勉強法

実際にやってみてわかったことですが、この方法はとても実践的で誰でもすぐに始めることが出来ます。ライティングやリーディングに興味がある人にはとてもおすすめです。

その1.準備。必要なもの

まず、自分が記事を書いている時の環境について紹介します。

必ず必要になってくるものは「アメリカ版Google」と「Google翻訳」の2つだけになります。

アメリカ版Googleについては毎回検索して開くのがめんどうなので、私はお気に入りに入れて使っています。そして、それとは別に日本版GoogleでGoogle翻訳を表示させておきます。

アメリカ版Googleはこちらから
Google(アメリカ版)

その2.勉強の仕方

勉強の方法というとおおげさですが、実際に私がアメリカ版Googleを使ってどうやって記事を書いているのかを、例を紹介していきたいと思います。

「人気のアメリカ映画」を調べたい。と思ったら。

まず人気のアメリカ映画を調べる場合ですが、結論から書くと検索ワードして適切なものは「best movies of 2017」(2017年ベスト映画)とか「what is top10 moveis of all time」(全時代におけるトップ10映画は?)などになってきます。

ちなみに、私はこの回答にたどり着くまでに1時間はかかっています。この1時間の作業がライティングやリーディングの勉強につながってくるのですが、実際に私がどのように検索をかけていき、何が勉強につながってくるのかについて説明したいと思います。

最初の検索は2つの単語がわかれば十分。

人気のアメリカ映画を調べたい。と思っても私の場合、急にそのフレーズは思いつきません。なのでまずは単語を並べようと思って映画を意味する「movie」と人気を意味する「popular」の2つの単語を使って検索をかけました。

そうするとGoogleの補完機能がはたらいて、最適化されたフレーズがでてきます。例えば「movie popular 2017」(2017年の人気映画)とか「movie popular now」(今の人気映画)などといったフレーズが表示されてきます。

そこで実際に「movie popular 2017」で検索をしてみます。

検索結果からネイティブが使うフレーズが見えてくる。

「movie popular 2017」で検索をかけてみたら、上位表示されるサイトのタイトルに注目してください。いまの時点では次のような検索結果になっています。

  1. Most Popular Feature Films Released 2017-01-01
  2. Most Popular 2017 Movies
  3. 25 Best Movies of 2017
  4. The Top 10 Movies Of 2017
  5. 10 Best Movies of 2017

最初の2サイトにはタイトルに「popular」という単語が入っていますが、3位以降のサイトには「popular」は使われてなく、「best movies」(ベストムービー)や「top10 movies」(トップ10ムービー)というタイトルになっています。

このように検索したワードが、検索結果のタイトルにあまり入っていない場合は、その言い方が自然ではないか、もしくはネイティブがあまり使わない言い方の可能性が高いことがわかります。

「movie popular」で検索をしたのに「best movies」がタイトルに入っているサイトが2つもありました。そこで次に「best movies 2017」と検索ワードを変えて調べてみることにします。

「best movie」と入力したところで補完機能で「best movies of 2017」(2017年のベスト映画)とか「best movies of netflix」(ネットフリックスのベスト映画)といったキーワードが出てきますので、「BEST movies of 2017」で実際に検索をかけてみることにします。その検索結果は下のとうりです。

  1. 25 Best Movies of 2017
  2. The Best Movies of 2017
  3. BEST MOVIES of 2017
  4. The Best Movies of 2017
  5. Best Movies of 2017 from Dunkirk to Phantom Thread

先ほどの「popular movie」とは違い、すべてのサイトタイトルに「best」というキーワードが入っています。

このような違いから「人気の映画」を英語で検索するときには「popular movie」よりも「best movies」が適切であることがわかります。

もちろん「most popular movies」(最も人気の映画)といったようにpopulerの単語も普通に使いますが、人気の映画を10作品調べたいといった時には「best movies」を使ったほうが自然だということがわかってきます。

「最も売れた映画は?」を英語で調べるには。

同様に、これまでで最も売れた映画について英語で調べてみました。日本語サイトで調べると”売る”は「sell」となっています。そこで「best sell movies」と検索。

そのフレーズで検索をかけてみたところ1位のサイトタイトルは「List of highest-grossing films」と表示されています。

何回か、検索をかけたことで1番売れた映画を英語であらわすには「highest grossing movies 」ということだとわかりました。

このように「sell」と「movie」の2つの単語だけしかわからなくても、検索結果のサイトタイトルをくまなく見ることで、1番売れた映画のフレーズが「best sell movies」ではなくて「highest grossing movies」だということがわかるわけです。

その3.この勉強法の利点

記事をかくために英語で検索をかける。という一連の流れがリーディングやライティングの勉強につながるのですが、作業で感じた利点についてまとめてみたいと思います。

利点
  1. 単語2つわかれば、そこから検索をかけることが出来る。
  2. 検索結果から、よく使われる自然なフレーズがわかる。
  3. いろいろなサイトのタイトルを読むことでリーディング力が上がる。
  4. 英語で検索を繰り返すうちにライティング力もあがる。
  5. すべて無料で出来る。

英語の勉強というと、ヒアリングやリスニングを重視している人が多いと思いますが、私のようにライティングも勉強したい、という人にはこのGoogle検索を使った英語学習はとても効果的だと思いますので、おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「ネイティブレベルの英語を身にとけたい」と無謀にも40歳だった2017年11月から英語の勉強を始めました。この時点での英語レベルは「英検3級レベル」。英語の勉強もふまえて調べたことや気になったことをまとめてブログにまとめています。当ブログの内容への質問などがあればコメントをお待ちしています。