2018年1月の英語勉強ふりかえり。

今月は英語の勉強も3か月目にはいり、すこしペースが落ちてきた1か月でした。記事の更新もスタディサプリも先月と比べて勉強した量がすくなくなっています。

ライティングの勉強を始めた。

一方で新しく取り入れた勉強法もあります。それは「ライティング」になります。

「英語で記事を書くのはまだ早いんじゃないか」と思っていましたが、聞くのも書くのも喋るのも、語学学習は量がポイントだと思うので、たとえアメリカ人が読んでも意味がつうじない30%ぐらいの出来でもいいと考え、とにかくまず文章を書いてみることにしました。

文法などはあまり気にせずに、Google翻訳と「〇〇 英語で」の検索をとにかく使い倒してライティングをしています。

私の場合、ブログの記事を書く=ライティングが出来る=いつか英語アフィリエイトができる。というインセンティブがあるのでライティングをするための調べ事や労力があまり気になりません。英語サイトを回って英語を読んでいる時間も、単語の使い方や言い回しなどがわかるのでライティングの勉強にもつながっています。

勉強が勉強でない状態になっているので、いつかこの膨大な無駄な作業が身を結んで翻訳を使わなくても記事が書けるようになれるようにしたいです。

スタディアプリEnglishがおそろかに。

利用2か月目のスタディアプリですが、英語サイトをまわって情報収集しながらリーディングやライティングの勉強をする方に集中してしまい、おろそかになっていました。ただ、ヒアリングもスピーキングも英語を総合的に学びたいのでスタディアプリを途中でやめるという選択肢はありません。

家にいるとどうしても英語サイトをまわってしまうほうに時間を使ってしまうので、外の時間(電車の移動中)で隙間時間を活用するか、家にいてもできるように考えたいと思います。

英語サイトをまわるリーディングの勉強が引き続き効果的

ブログの記事を書くにあたり英語サイトをとにかく回っていますが、検索はGoogleアメリカとなり英語で検索しなくてはいけません。

この「英語で検索をする」というのが、比較的かんたんにできて勉強にもなるので自然とライティングやリーディングの知識につながっていると感じます。

最近は英語サイトのタイトルや小見出し、内容も使っている単語がやさしいものであればわかるようになってきました。英語を勉強したい人にとって「英語ブログ」を運営するというのは、実は1番効果的な学習法なのではないかと思えるほど、効果が出ている気がします。

このあたりの詳しい点は次の記事にまとめています。

TOEICは受験できず。

1月28日に予約をしていたTOEICですが、こちらは写真付きの身分証明書が用意できず受験することができませんでした。

免許書も社員証ももっていないため、写真付きの身分証明書がなくパスポートを取得しようとしていたのですが、パスポートを取るのに手間がかかりまだ手元にありません。

TOEICは受けたいので4月8日のテストを受けれればいいなと考えています。

→【先月】2017年12月の英語勉強のふりかえり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「ネイティブレベルの英語を身にとけたい」と無謀にも40歳だった2017年11月から英語の勉強を始めました。この時点での英語レベルは「英検3級レベル」。英語の勉強もふまえて調べたことや気になったことをまとめてブログにまとめています。当ブログの内容への質問などがあればコメントをお待ちしています。