始めたらこそわかった『スタディサプリEnglish』が日本人の英語勉強に最適な理由とその評価。

スタディサプリENGLISH

『スタディサプリENGLISH』とは?

スタディサプリENGLISHはリクルートが運営する英語に特化したスマホアプリになります。

アプリは無料でダウンロードできるので誰でも利用することができます。そして最初のいくつかのレッスンを体験することができます。→スタディサプリ ENGLISH

スタディアプリには現時点で3つの種類があります。

大学受験用の「スタディサプリ」、英会話の「スタディサプリENGLISH」、英語TOEIC用の「スタディサプリTOEIC@TEST」の3つです。

私は英会話の勉強をしたかったので「スタディサプリEnglish(英会話)」のアプリで登録をしました。

まだ登録して間もないですが、リスニングやヒアリングだけでなくスピーキングの部分もしっかり作りこまれていて、「これを毎日続けたら間違いなく英語力が上がるんじゃないか」と思える内容になっています。

また、語学学習は毎日続けることが1番難しいのですが、イラストを交えたこのレッスンでは15分があっというまです。

とてもテンポの良いレッスン内容

まず、アプリを登録すると、すぐにレベル分けのためのヒアリングテストがあります。このヒアリングの回答をもとに「レベル1」~「レベル7」まで、あなたに合ったレベルに振り分けてくれます。

私は英検3級レベルということで簡単なほうから3つ目の「レベル3」から始めることになりました。

Nic先生からのかんたんな説明のあとに、さっそくレッスンが始まります。

5つのセンテンスにわかれているレッスン内容

レッスンは5種類の内容にわかれていて、はやくすすめば大体1レッスンが15分ぐらいで終わるようになっています。やってみるとわかりますが、ひじょうにテンポよく進みます。

1つのレッスンがどのような内容になっているか説明します。

「レッスン001 エマの手料理」
  1. 会話文チェック
  2. 内容理解クイズ
  3. ディクテーション
  4. なりきりスピーキング
  5. クイックレスポンス

①会話文チェック・・・ヒアリングの勉強。レベル3では留学生エマとリクの会話を聞くことができます。会話もいま話しているところがオレンジ色に反転するので、どこを読んでいるのかすぐにわかります。

②内容理解クイズ・・・ヒアリングの勉強。会話についてどんな内容だったか3択で質問されます。

③ディクテーション・・・リーディングの勉強。登場人物が会話してきます。その一部が空白になっていて、そこをテキスト入力していきます。

④なりきりスピーキング・・・スピーキングの勉強。登場人物が会話したあとに自分で発音します。音が出せない環境の場合でもレッスンできるように工夫されています。

⑤クイックレスポンス・・・スピーキングと単語の勉強。例えばレッスンの題材が「would like to」であれば、それにちなんだ文章を登場人物が読んでくれて、それに続いて発声します。これは簡易版で本来は日本語文を自分で英訳するので難しいレッスンになります。

1レッスンで5問でますが、すべて「would like to」に関する問題になるので構文の勉強にもなります。

このように1レッスンのなかに5つの要素が入っています。それぞれチェック機能もしっかりしていて、回答するとすぐに次のページで答え合わせもしてくれます。

画像をみてわかるように利用者が退屈しないよう工夫されていて、とてもテンポよく進むことができたのでボリュームがありますが1レッスン15分ほどで終えることができました。(※しっかり勉強しようとすると30分以上かかります)。

スタディサプリEnglishの料金

スタディサプリENGLISHはアプリは無料で登録できますが、それだと各レッスンの最初のレッスンしか受講できません。

以前は無料でもある程度利用できたようですが、現在は残念ながらいくつかのレッスンだけの利用のみとなっているので、このアプリを使うには月額980円の料金を払ってプレミアコースに参加する必要があります。

料金については2018年2月時点での料金になります。今後、価格が変わることもあるかもしれません。

『スタディサプリEnglish』は毎月980円。

有料のプレミアコースは月額約980円になります。すべてのコンテンツが利用可能となり、例えば私が受講しているレベル3であれば1~240までのレッスンが好きなタイミングで受講できます。

もちろん他のレベルもすべて利用できるようになりますし、レベルの切替えもすぐにできるのでレベル3をやって次はレベル5をやってみる。という使い方もできます。

またプレミアコースに登録すると「リスニングPLUS」のコンテンツが利用できるようになります。これはおもにヒアリングにしぼった内容になり、動画での授業やディクテーションなどいくつかのコンテンツが用意されています。

レベル3だけでもレッスンが240もあります。私は登録して2週間ぐらいたちますが、1つのレッスンを何回も聞いてから次に行くので、まだレッスン7です。1年や2年では終わらないぐらいのボリュームがあります。

『スタディアプリEnglish TOEIC@TEST』は2480円から。

もう1つのスタディサプリTOEICは同じようにアプリ登録すると最初のいくつかのレッスンと動画が体験できるようになっています。料金に関しては2480円となっています。TOEICコースで申し込みをした場合は英会話コースももれなく利用できるようになります。

料金についての感想

子ども向けの英語教材ABCマウスを息子たちが始めていますが、「ABCマウス」にしても「スタディサプリEnglish」にしても、これだけのボリュームで質が高い勉強をスマホやパソコンで手軽にできて、しかも動画やアニメーションがついて、なおかつ録音も答え合わせもしてくれて、そこまで出来てたった月々1000円というのは、ものすごくコストパフォーマンスのよい教材だと思います。

TOEICコースについては私は利用していないので、内容と料金のバランスについてどうなのかというのはわからないのですが、英会話コースについてはこれは本当に安すぎると思います。

→スタディサプリ ENGLISH・・・アプリダウンロード後にすぐに無料レッスンが受けられます。

英語の勉強をする気持ちがあって毎日1時間、何時間アプリを使っても1000円です。

「瞬間英作文」など人気の英語教材(本)もあります。参考書は苦手分野を重点的に勉強できるというアプリとは違ったよさがありますが、先にこのアプリを知ってしまうと本を買う機会がたぶん大幅に減るのではないかと思います。

この教材が日本人に合っていると思う理由

まだ使ってみて間もないですが、この教材が素晴らしいと感じたポイントが3つあります。

毎日続けられそう

過去、中国語を2年間ぐらい勉強していたことがありますが、この時の経験をふまえてみると語学学習で1番大切な点は「毎日つづけること」につきると思います。

スタディサプリENGLISHは①スマホで常に持ち歩いているので隙間時間にサッと取り出しやすい点、②1レッスン15分ぐらいでかんたんにレッスンできる点。この2点を満たしていて、毎日つづける教材として最適だと感じました。

ディクテーションやシャドーイングなどバランスの取れた内容

日本人が英語を自分だけで勉強するとなるとリスニングとリーディングに偏りがちですが、アプリの特性を生かしてシャドーイング(発音)やディクテーションの勉強(書く)も各レッスンにしっかりと入っています。そして、とてもスムーズに取り掛かれるようになっています。

非常にバランスの取れた内容になっていて、この1つのアプリで総合的に英語が学べるようになっています。スマホがなかった10年前では考えられなった充実した教材です。

レベルわけされているので「難しすぎる」ことがない。

現時点ではレベル1~レベル7までの7段階の難易度になっていて、最初のトレーニングで自分にあったレベルに振り分けられることになります。

そのため、「難しくてつまづいてしまう。」ということがありません。私がレベル3でテンポよくレッスンを受講し「これは続けられそう」と思ったのも、このレベル分けの機能があったからになります。

まとめ

スタディサプリENGLISHを知ったのはつい最近になりますが、英語教材の進歩を目に見て驚きました。

もはやオンライン学習は本や参考書をつかった勉強よりもはるかに効果があって「スタディサプリ」や「ABCマウス(子供向け)」があれば日本にいても十分に英語を習得できるんじゃないかと思えるレベルです。

私のような40代、そして社会人になっている20代、30代のみなさんはある程度英語の知識の蓄えがあると思いますので、すんなりこのアプリを始めることができると思います。

これから本気で英語を勉強したい方は、オンライン英会話や英会話スクールを始める前の基礎訓練として、このスタディサプリENGLISHは最適だと思いますし、いますでに勉強している人にも新しい教材としておすすめしたいアプリになります。

【追記】2か月続けてみて

スタディアプリを始めてから2か月ほどたちましたが、まだまだ続けています。

このブログを作るにあたって記事を日々書いていますが、Googleを使ったライティングの勉強のほうに力を入れすぎてしまいアプリの利用がおろそかになっています。それでも電車のなかなど隙間時間を作って続けています。

基本的にアプリの作りこみがしっかりしていて飽きが来ないように作られているので「勉強をしている」という感覚がほとんどありません。このまま1年ぐらいは続けていると思います。今、TOEICレベルが大体300点ぐらいなので、1年後には500点ぐらい取れるように頑張ろうと思っています。

最初の数レッスンは無料で体験できます

スタディサプリ ENGLISH

スタディサプリENGLISH

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「ネイティブレベルの英語を身にとけたい」と無謀にも40歳だった2017年11月から英語の勉強を始めました。この時点での英語レベルは「英検3級レベル」。英語の勉強もふまえて調べたことや気になったことをまとめてブログにまとめています。当ブログの内容への質問などがあればコメントをお待ちしています。