はじめてのTOEIC・TOEFL。事前予約が必要なため初試験は3か月後になりそうです。

TOEFL語学留学

今回、「ネイティブになる」ブログの企画をスタートするにあたって、今の自分の英語理解力を測るためにTOEICを受けようと思っています。

できれば英語の勉強をする前にまっさらな状態でTOEICが何点になるのか調べたかったので、12月のTOEICに申し込みをしたかったのですが、すでに締め切りでした。そのため、申し込みできるのは1月28日のテストからになりそうです。いま11月上旬なのでTOEICの初めてのテストは約3か月後になってしまいます。

どうして3か月も後になってしまうのか、今回はTOEICやTOEFLの事前予約についてまとめてみたいと思います。

TOEICやTOEFLの申し込みには事前予約が必要。

当たり前ですがテストを受けるには予約が必要になります。例えばTOEICの場合、

TOEIC L&Rは年10回(1・3・4・5・6・7・9・10・11・12月)全国約80都市で実施します

ということで年間10回テストが開催されます。大体月に1回のペースです。

そして事前予約ですが、例えば私が受けたかった12月のテストであれば、インターネットの予約であれば10月13日~10月30日まで。となっていて約1か月前には申し込みをしいておく必要があります。

2018年1月28日のテストであれば11月9日~12月14日までとなっています。やはり1か月前には予約が締め切りになってしまうので注意です。

今回はタイミングがわるく、12月のTOEICが締め切りとなったすぐ後に申し込みを希望したため、3か月も先になってしまうことになりました。テストの結果がわるのはさらに1か月後の2月27日となっているので、このブログで点数を載せれるのは、そうとう先のことになりそうです。

TOEFLの申し込みはどうなっているのか?

一方、TOEFLの予約は締め切りが遅くなっているので、いまからでも11月のテストに申し込むことができます。私の住まいの近隣になるる横浜での受講を考えていますが11月中に2回テストがある模様。このようにTOEFLはテストの開催日が多く、月に何回も受験する機会があるのがいいですね。

そこで、すぐにでも11月のテストの申し込みをしようと考えたのですが、今回2回とも子供の行事が重なってしまい、申し込みができませんでした。そのため、12月のテストに申し込みをして受けることにします。

TOEICとTOEFLの予約をしてみて。

実際に予約の流れや、予約をしたみた感想をまとめてみます。

TOEICの場合

今後、予約をした後に記事を追加します。

TOEFLの場合

TOEFLを予約するには、まず公式ホームページで登録ページを作成しなくてはいけません。海外留学するための試験になるので、それくらいは出来ないと留学してから困ることになるのだと思いますが、思ったより登録するが難しかったです。

公式サイトも基本英語になりますし、日本語ページもあるのですが違和感のある日本語のなかで「ファーストネーム」「住所」などを入力することになるので、説明ページを読みながら1つ1つ確認しての登録となりました。

登録は無事おわり、予約ができる段階になっていますので、こちらも12月のテストを予約したら、詳細を書きたいと思います。

TOEFL語学留学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「ネイティブレベルの英語を身にとけたい」と無謀にも40歳だった2017年11月から英語の勉強を始めました。この時点での英語レベルは「英検3級レベル」。英語の勉強もふまえて調べたことや気になったことをまとめてブログにまとめています。当ブログの内容への質問などがあればコメントをお待ちしています。