海外レンタルサーバーの感想。アメリカのレンタルサーバーを借りるなら「Bluehost」と「Hostgator」がおすすめ。

これまで、このブログでも海外の向けに日本の情報を発信しようと思って英語で記事を書いたことがありますが、まったくライティングが出来ないこともあって一記事目の途中でとまっていました。

そのため、ライティングの勉強を前にすすめるためにこのブログで記事を書くのではなく、新たにドメインを取ってすべて英語でブログを運営しようと決めました。既にドメインはお名前.comで取得したのですが、レンタルサーバーはアメリカのレンタルサーバーを利用しようと思っています。

今回は、アメリカのレンタルサーバーを実際に借りるまでの経緯をまとめてみたいと思います。

アメリカのレンタルサーバー

その1.アメリカのレンタルサーバーは安い?

アメリカのgoogleで「best web hosthing(おすすめレンタルサーバー)」といったキーワードで検索して最初に気になったのが「ipage」と「bule hosthing」になります。どちらも初回契約では5ドル以下で契約ができ、日本でいう格安レンタルサーバーの価格帯になっています。

その他、紹介されているレンタルサーバーも同様にかなり安い価格になっています。ちなみに最初に「ipage」で年間契約をしようとしたところ月額2ドルほどの値段。月200円ということで、アメリカでは普通なのかもしれませんが、ちょっと不安になる安さでした。

エックスサーバーのように管理画面も使いやすく、ワードプレスのかんたんインストールなどの機能も欲しかったので、その機能が「ipage」にあるのか調べたところ、なさそうだったので「ipage」はパスすることに。違うレンタルサーバーを探すことにしました。

その2.ミドルスペックのレンタルサーバー情報がなかなか出てこない。

次に調べようとしたのは、日本でいうエックスサーバーのような月額1000円ぐらいのミドルスペックのレンタルサーバーがないかという点。

おすすめレンタルサーバーで出てきた比較サイトでは、全部安い価格のレンタルサーバーばかりだったので、どのレンタルサーバーがミドルスペックのサーバー会社なのかまったくわからない状態です。そのため、比較サイトのページを見て調べるのはやめて、直接アメリカの公式サイトを訪れて各プランの価格や性能を調べてみることにしました。

その3.ipageをやめbluehostに。

次に「blue host」を見たところ共有サーバーがipageと同じく安くなっています。2ドルほどではありませんが安かったため不安を覚えます。また他のプランを見てみると、ワードプレスサーバーがあったりVPSがあったりと、いろいろなコースがあったため、ここで「ワードプレスサーバー」を選択することに。

ワードプレスコースでは1番安いコースが19ドルと大体2000円ぐらいになっています。一転して価格帯の高さを感じるものの月2000円であれば払える額なので、このコースで契約することに決めました。すると。契約時の時点で3年コースだと確かに20ドルほどになっていますが、月払いだと40ドル近くに。20ドルの3年コースでも計8万円近くかかることになりますので、これは悩みました。

10分ぐらい悩んで結局契約をすることに。ただ、入力時のクレジットカード番号が違っているということで契約確定まで至りませんでした。これまで海外のサービスについては何回も利用していて、クレジットカードの入力はしっかりわかっているはずなのですが、なぜかエラーが出ます。

仕方ないため、今回はブルーホストを諦め、他のサーバーで契約してみることに。

ブルーホストは、いろいろ調べてみるとおそらく日本でいうエックスサーバーのようなところ。多くのサイト運営者が使っていて、アクセス数もアメリカの全サイト中でTOP200位前後に入っていて人気のレンタルサーバーであることがわかります。

その4.他のサーバーを探すことに。

「bluehost」で契約ができなかったため、レンタルサーバーの比較サイトに戻りその他のレンタルサーバーで何か良いところはないか調べることにしました。どこの比較サイトでも大体5個~10個ぐらいのレンタルサーバーがあって全てを調べるのは大変だったのでSEOツールを使うことに。

エイチレフスというSEOツールでは、検索キーワードの検索数を調べることができるので、「hostgator」や「dream host」などどの各レンタルサーバー会社の検索数がどれくらいなのか調べてみました。

やはり1番人気だったのはbluehostで20万以上の検索数。

2位がhostgatorで18万ぐらいの検索数でした。

これ以上詳しく調べるには時間もかかり英語での調査に疲れてしまったため、この数値を参考に「hostgator」でレンタルサーバーを借りることにしました。

その5.Hostgatorのワードプレスサーバーを契約

Hostgatorでも共有サーバー・ワードプレスサーバーなど幾つか種類があったため、ワードプレスサーバーを選択。ワードプレスサーバーでは1番安いコースで1年の長期契約。大体5ドルぐらいで借りました。さらに年数を延ばせばもっと安くなります。

合計で1万円ぐらい。大体月1000円ぐらいの値段となるので、あとは使ってみて日本のサーバーとどう違うのか確認してみたいと思っています。契約したあとすぐに管理画面に入ってみましたが、管理画面は思ったより使いやすそうな感覚を持ちました。

共有サーバーかワードプレスサーバーか?

ワードプレスサーバーで契約したあとで確認したのですが、共有サーバーでも問題なくワードプレスがインストールできます。日本でもワードプレス専用サーバーがありますがあまり利用することはありません。契約したあとに「普通の共有サーバーでも良かったのでは」と気がつきましたが、既に契約はしてしまったあとです。

Hostgatorの場合、共有プランもワードプレスプランもそこまで値段が変わりません。おもに違うのは共有プランだとマルチドメインが無制限で使えるということ。共有サーバーの1番安いプランではドメインが1つだけしか登録できませんが、次のプランからはマルチドメインが無制限になっていますので、おそらく1番人気なのは共有サーバーの2番目のプランなのかなと考えています。

プラン選びを間違えた気がしますが1年契約なので、契約が終わったらプランを変更するかbluehostにしようかと思っています。

その6.アメリカで人気のレンタルサーバー「bluhost」と「hostgator」の違い。

おそらくアメリカで1番と2番?に人気がありそうなbluehostとhostgatorですが、今日契約してみた経験から2つのサーバーの違いを紹介してみたいと思います。

まず、bluehostですが共有サーバーの価格は月額で安いプラン順から、8ドル(3ドル)・11ドル(6ドル)・15ドル(6ドル)となっています。括弧のなかの価格は3年契約のものになります。

そしてhostgatorですが同じく共有サーバーの安いプラン順で、11ドル(4ドル)・12ドル(6ドル)・17ドル(6ドル)となります。

大体似たような価格帯になっています。そしてマルチドメインも2番目のプランからはどちらも無制限。サーバー性能もあまり違いを感じません。なんとなく管理画面やこまかなサーバー性能の違いなどから人気を二分しているのかなと感じました。そして調べていくうちにわかったのは、この2つのレンタルサーバーは運営元が同じということ。

個人的にこの2つのレンタルサーバーで最も違うのは、ワードプレスのプランだと思いました。Hostgatorはワードプレスプランも比較的安価になっているのに対して、bluehostではワードプレスプランはそれなりに高くなっています。1番安いプランでも40ドル(20ドル)になります。その代わり性能がしっかりしていて1ヵ月のアクセス数が1億回まで保証してくれています。

なので、ワードプレスを本格的に運営したい場合や、日本において人気になってしまいエックスサーバーを制限されてしまった場合はこのbluehostのワードプレスプランがおすすめです。

日本ではアクセス数が増えて現在のサーバーを移転する場合、次のサーバー先としてVPSを借りている人が多いような気がしますが、bluhostで借りたほうがサーバーの管理の手間がかからないのではないかと思います。1億ビューというと1日あたり300万ビューになりますので、これを超えるのはなかなか難しいと思います。

実際、1日300万ビューとなるとアメリカの人気サイトでも越えてくるのは難しいと思いますので、機能的に他の制限があるのかもしれません。

まとめ

当初、アメリカのレンタルサーバー比較サイトを調べたときは、どのサーバーも3ドルぐらいで紹介されていて、それぞれのサーバーの違いがわかりませんでした。おそらくどこのサーバーも最も安いプランは3ドル程度で設定しているのだと思います。

その後の調査で「bluehost」と「hostgator」が特に人気のサーバーだということがわかりましたので初めて借りる人で良くわからない人は。まずこの2つのサーバーのどちらかでいいような気がします。

アメリカの場合、どのプランも3年の長期契約すると大体半額ぐらい価格が安くなるので、最低でも1年ぐらいからの長期契約がいいのではないでしょうか。

【追記】

「Hostgator」でのワードプレスのセットアップが終わったようで無事に管理画面を開くことができました。ワードプレスサーバーで契約した場合、こちらではDNSの設定だけであとは向こうでセットアップをしてくれることがわかりました(別会社でドメインを取得した場合)。

この場合はログイン後に「Hosting」を選択し、そこに表示されている自分が登録したドメインをクリックするだけです。

しかし、いまのところワードプレスの管理画面に入るためのIDとパスワードが分かりません。これだと管理画面に入るためには、その都度Hostgatorにログインしなくてはならない状態です。これだと管理画面に入るのが大変なため、IDとパスワードがどこでわかるのか調べてみたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「ネイティブレベルの英語を身にとけたい」と無謀にも40歳だった2017年11月から英語の勉強を始めました。この時点での英語レベルは「英検3級レベル」。英語の勉強もふまえて調べたことや気になったことをまとめてブログにまとめています。当ブログの内容への質問などがあればコメントをお待ちしています。